特別な誰かが必要

057a_72
成人してからの人生のある期間を、ほとんど誰もがひとりで暮らしをします。それはパートナーが見つかる以前であるかもしれないし、パートナーとの関係が終わった後のことかもしれません。

こうした期間は、歓迎すべき自由の時かもしれません。独立とプライバシーを重視して、ひとりで生きることを選ぶ人もいるでしょう。また、関係がうまくいかないで、そのために人生がつまらないものになるのなら、いっそひとりでいた方がいいのでは、と考え直すことも大切でしょう。

でも、独身者の多くは孤独です。友人関係だけでなく、たったひとりの特別な人と人生を分から合いたいと考えるのです。

私たちの圧倒的多数は、ふたりで生きることを選びます。性的欲求は人々が惹かれ合う重要な理由のひとつです。でも、セックスという単純な要素よりも、ずっと複雑な感情を拠要とするにもかかわらず、私たちの多くは、長続きする関係を求めています。成人の約90%は結婚します。子供が欲しいとか、家庭を共有することによる実際的な利点もその動機に含まれていますが、それだけでなく、当事者たちは精紳的な親密さを得ることに魅力を感じるのです。
結婚を目指したパートナー探しならここがお勧めです。合ったお相手が見つかるかもしれません。
正式に結婚していないカップルや、結婚を前提に同棲しているカップルにとっても、精神的なつながりはその関係を築く動機なのです。


出典: